枚方・高槻・東大阪・吹田・寝屋川のリフォーム・水廻りの事なら京阪ホームにお任せ下さい!
ラインでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
リフォームコンテスト受賞
京阪ホーム
0120-26-7575
京阪ホーム電話番号 メールフォームお問い合わせ 来店ご予約 ラインで問い合わせ
リフォームの施工事例

施工事例

枚方市のS様邸、外壁・屋根塗装工事

枚方市のS様邸、外壁・屋根塗装工事です。
弊社折込チラシをご覧になられ、ご相談あり。
既に他社様で見積もりを取られておりましたが、
価格面で、なんとかならないか、ということで、
相見積もりにてご相談を頂きました。

施工前の家屋の様子です。
塗料の劣化、及び外壁のモルタル面に一部剥離が見られ、早急なケアが必要な状態でした。
塗装工事の準備を行います。

高圧水を用いた外壁の洗浄を行っているところ。
表面に付着している不純物を取り除き、
塗料と一緒にゴミが付着してしまうのを防ぎます。
見た目は地味ですが、重要な工程です。

経年劣化により、モルタル面の一部に亀裂、剥離が見られました。
程度にもよりますが、亀裂がわずかである場合は、
右上写真のようにサンダーと呼ばれる機械で馴らした後、コーキングで平らにしてしまいます。

塗装面に既にシーリング材が入っている場合、
そのまま塗装を行ってしまうと、
塗料本来の性能を発揮できず、
剥離していしまうことがあります。
そのような場合は「逆プライマー」という材料を用い、
可塑性の材料であるシーリング材を押さえ込みます。

モルタル塀の磨耗が著しかったため、そのまま塗装を行っても美観が維持できないと判断。
カチオンと呼ばれるセメント系材料で補修を行いました。
表面の模様も周辺のものに合わせることで、違和感を少なくし、美しい外壁とします。

下地の準備が終わったら、いよいよ塗装工程へ。
下塗り・中塗り・上塗りの3工程を行います。
しっかり3回の工程を踏むことで、
塗料本来の性能が発揮できるようにします。

足場を撤去して完工です。
今回使用した塗料は、日本ペイント シリコン系塗料 "DANシリコンセラ"
コストパフォーマンスに優れ、比較的良好な耐久性を持つ商品です。

今回は屋根の塗装のご依頼も頂きました。
写真は施工前の屋根の様子です。
表面が風化してしまったことにより、
土ぼこりなどが溜まって見栄えが悪化しています。
防水性に直接の影響はありませんが、
このまま放置するとスレートの劣化は避けられず、
最悪の場合、スレートが裂け、
雨水がルーフィングを貫通すると、雨漏りが発生します。。
こちらも塗装を行います。

外壁に行った塗装と同様の工程で、屋根も塗装を行います。
高所での作業となるので、ベテランの職人が慎重に行うこととしています。

タスペーサーと呼ばれる器具で、ふち切りをしているところ。
段差部分の塗料を丁寧に切断しています。
段差部分の塗料が固着してしまうと、
雨水がその部分から逃げられなくなってしまうため、
雨漏りに繋がってしまいます。
それを防ぐための重要な作業となります。

施工後の屋根の写真です。
今回使用した屋根塗料は、日本ペイント "ファインシリコンベスト"、
太陽からの紫外線に対しても高い耐久力を持つよう工夫された材料で、
長期に渡り、家屋を保護する性能を持っています。
ありがとうございました。

一覧へ戻る